おはようございます!

 

 

 

昨日のお話しです。

 

 

 

昨日、土曜日に仕事の電話が

かかってきました。

 

 

 

電話は支援機関のコーディネータ。

声の感じで60歳以上の年金定年組み。

面識はありません。

 

 

 

電話の感じが

上から目線で

いやな感じが的中した事例です。

大手企業出身?

 

 

 

用件は企業支援を依頼したいので

社長と面談するため、わたしの都合を確認したいようです。

土曜の連絡で翌週に空きなど

あるわけがないですね。

逆に空いているコンサルタントは???

 

 

来週は都合が悪いと伝えると

「それは困ると、なんとかしてほしい。

わたしは来週行くと、先方に言っている。」

(それは、あなたの都合)

 

 

 

困りましたね、このような方は。

支援企業でもなく自分の都合だけを優先する。

まさに老害。(推察)

 

 

 

大企業出身で苦労しらずの方でしょうか?

 

 

 

明日、このお仕事は辞退します。

 

 

 

どんな相手に対しても

敬意を示し、思いやりが出来ない人とは

仕事はしません。

うまく行きません。

 

 

 

言葉ひとつで印象が

180度変わります。

人間性がわかります。

 

 

 

他人を思いやれない人と

仕事をした時にトラブルになる

確率が非常に高い。

 

 

思いやりがある人と

仕事をした時は

トラブルもなく

すごく充実したものになります。

 

 

 

人間力を高めるとは

「思いやり」を持つことです。

 

 

 

営業は、気合、根性と

思いやりです。

 

 

 

他人を思いやることが

出来る人には

良い人が自然と集まってきます。

 

 

商品とか技術スキルとか

関係ないです。

その前に人間性(思いやり)が

大切であることを理解してください。

 

 

 

伊藤晴敏