営業は注文をとり、利益を出し、代金を回収するのが

仕事になります。

 

しかし多くの営業は、日々のノルマにおわれ

ブラック案件と思われても、売ってしまい

あとで大きな痛手を負うことがある。

 

営業と言えども

しっかり顧客を選ぶことが大切です。

 

なんでも、かんでも、目の前の注文にヨダレをたらし

近づいていくようでは、営業は失格です。

 

その案件は、ブラックではないか?

見極めるポイントを書きます。

 

・与信(倒産)はだいじょうぶか?

・納期はだいじょうぶか?

・適正な利益を確保できるか?

・社内の雰囲気に活気があるか?

・仕入業者を見下していないか?

 

社内の雰囲気が暗く

活気が無い会社には

本来、見積を依頼されても

断らなくてはいけない。

 

営業は、顧客を選ぶ。

適正な利益を確保でき

リピードオーダーがもらえる

顧客を大切しなければいけない。

 

ブラック案件に該当する場合は

間違いなく、良い顧客にはならない。